ろう付け温度: より強力な接合のための究極のガイド

図 2. 火炎ろう付け

ろう付け温度は、強力で耐久性のある信頼性の高いろう付け接合を作成する上で重要な要素です。ろう付けは、接合する母材よりも融点の低い溶加材を使用する接合プロセスです。溶加材は融点まで加熱され、毛細管現象によって接合部に流れ込み、母材金属との冶金学的結合を形成します。

ろう付け温度は、接合される母材、使用される溶加材、およびろう付け接合部の望ましい特性に応じて、通常 600°C ~ 1200°C の間です。温度は、フィラーメタルを溶かして接合部に流入させるのに十分な高さである必要がありますが、ベースメタルを溶かしたり、熱歪みを引き起こしたりするほど高くはありません。加熱はトーチ、炉、またはその他の熱源を使用して行うことができ、雰囲気は窒素や水素などの不活性ガスを使用して制御できます。

ろう付け温度の概要

ろう付けは、隣接する金属よりも低い融点を持つ金属フィラーを溶かして接合部に流し込む金属接合プロセスです。ろう付け温度は、フィラー金属が溶けて接合部に流入する温度です。ろう付け温度は、溶加材の種類、接合される母材の種類、接合部の設計、使用されるろう付けプロセスの種類など、いくつかの要因によって決まります。

ろう付け温度は、ろう付け接合が成功するために非常に重要です。ろう付け温度が低すぎると、ろう材が適切に流れず、接合が弱くなる可能性があります。ろう付け温度が高すぎると、母材金属が溶けて、ろう付け接合ではなく融着接合が発生する可能性があります。

ろう付け温度は、使用されるろう付けプロセスの種類と接合される卑金属の種類によって異なりますが、通常は 800°F ~ 2000°F の間です。ろう付け温度は、2 つの金属の融点が異なるため、一般に、類似の金属よりも異種金属の方が高くなります。

固相線温度は、溶加材が溶けて接合部に流入し始める温度です。液相線温度は、溶加材が完全に溶けて自由に流れる温度です。ろう付け温度は通常、溶加材の固相線温度と液相線温度の間です。

接合部の設計もろう付け温度にとって重要です。接合クリアランス、つまり接合される母材間の隙間は、溶加材が適切に流れるように慎重に制御する必要があります。ジョイントのクリアランスは、ジョイントのサイズと使用されるろう付けプロセスの種類に応じて、通常 0.001 ~ 0.005 インチです。

フラックスは、ベース金属の表面から酸化物を除去し、フィラーメタルの濡れを促進するために、ろう付けによく使用されます。使用するフラックスの種類と塗布するフラックスの量もろう付け温度に影響を与える可能性があります。

抵抗ろう付けは、電流を使用して母材とろう材を加熱するろう付けの一種です。抵抗ろう付けでは、電流によって局所的に加熱されるため、通常、他のタイプのろう付けよりも低いろう付け温度が必要です。

要約すると、ろう付け温度はろう付け接合が成功するために非常に重要です。ろう付け温度は、溶加材の種類、接合される母材の種類、接合部の設計、使用されるろう付けプロセスの種類など、いくつかの要因によって決まります。接合部のクリアランス、フラックス、抵抗ろう付けも、ろう付け温度を決定する際の重要な考慮事項です。

加熱方法

ろう付けに関しては、強力で信頼性の高い接合を実現するには、適切な加熱方法を選択することが重要です。加熱方法はいくつかありますが、それぞれに長所と短所があります。ろう付けで使用される最も一般的な加熱方法のいくつかを次に示します。

トーチろう付け

トーチろう付けは、ろう付けに使用される最も一般的な加熱方法の 1 つです。この方法では、トーチ炎を使用して接合領域をろう付け温度まで加熱します。トーチろう付けは比較的安価でセットアップが簡単なため、小規模のろう付け作業に人気があります。ただし、トーチろう付けには時間がかかるため、大規模または複雑なアセンブリには適さない場合があります。

炉ろう付け

炉ろう付けは、アセンブリ全体を炉内でろう付け温度まで加熱する方法です。この方法は大量生産によく使用され、自動化して効率を高めることができます。炉ろう付けは一貫した高品質の結果を生み出すことができますが、セットアップに費用がかかる可能性があり、小規模な作業には適さない場合があります。

高周波ろう付け

高周波ろう付けは、電磁場を使用して接合領域をろう付け温度まで加熱する方法です。この方法は高速かつ効率的であるため、大量生産によく使用されます。高周波ろう付けでは、正確な局所的な加熱が可能で、アセンブリの歪みや損傷のリスクを軽減できます。ただし、誘導ろう付けはセットアップに費用がかかり、特殊な機器が必要になる場合があります。

赤外線ろう付け

赤外線ろう付けは、赤外線を使用して接合領域をろう付け温度まで加熱する方法です。この方法は高速かつ効率的で、正確な局所的な加熱を実現できます。赤外線ろう付けは、金属、セラミック、ガラスなどの幅広い材料に使用できます。ただし、赤外線ろう付けはセットアップに費用がかかり、特殊な装置が必要になる場合があります。

浸漬ろう付け

浸漬ろう付けは、溶融ろう付け合金の槽にアセンブリを浸漬することを含む方法です。ろう付け合金が接合領域に浸透し、強力で信頼性の高い接合を実現します。ディップろう付けは複雑なアセンブリに使用でき、一貫した高品質の結果を生み出すことができます。ただし、ディップろう付けは高価であり、特殊な装置が必要になる場合があります。

ブランケットろう付け

ブランケットろう付けは、アセンブリを耐熱ブランケットで包み、アセンブリ全体をろう付け温度まで加熱する方法です。この方法は、大規模または複雑なアセンブリによく使用され、一貫した高品質の結果を生成できます。ただし、ブランケットろう付けには時間がかかり、特殊な装置が必要になる場合があります。

レーザーろう付け

レーザーろう付けは、レーザービームを使用して接合領域をろう付け温度まで加熱する方法です。この方法は高速かつ効率的で、正確な局所的な加熱を実現できます。レーザーろう付けは、金属、セラミック、ガラスなどの幅広い材料に使用できます。ただし、レーザーろう付けはセットアップに費用がかかり、特殊な装置が必要になる場合があります。

結論として、ろう付けにおいて強力で信頼性の高い接合を実現するには、適切な加熱方法を選択することが重要です。各加熱方法には独自の長所と短所があり、方法の選択はアプリケーションの特定の要件によって異なります。各加熱方法の長所と短所を理解することで、ろう付けの専門家は、特定の用途にどの方法を使用するかについて情報に基づいた決定を下すことができます。

ろう付け温度と接合部の設計

ろう付け温度と接合部の設計は、ろう付け接合部の強度と品質に影響を与える重要な要素です。ろう付けは、接合される金属部品よりも低い融点を持つ金属フィラーを使用して、2 つ以上の金属部品を接合するプロセスです。溶加材は融点以上に加熱され、毛細管現象によって接合部に流れ込みます。

ろう付け温度は、フィラー金属が溶けて接合部に流入する温度です。ろう付け温度は、溶加材と接合する金属部品の融点に基づいて慎重に選択する必要があります。ろう付け温度が高すぎると、金属部品が変形したり、場合によっては溶けたりして、接合部が弱くなる可能性があります。ろう付け温度が低すぎると、ろう材が接合部に適切に流れ込まず、接合不良が発生する可能性があります。

接合部の設計も、ろう付け接合部の強度と品質に影響を与える重要な要素です。ジョイントの設計は、作成するジョイントの種類とジョイントの用途に基づいて慎重に選択する必要があります。重ね継手は、ろう付けに使用される一般的なタイプの継手です。重ね接合では、2 つの金属部品を重ね合わせ、フィラーメタルを使用して接合します。接合部の設計では、十分な量の溶加材が接合部に流入し、十分な強度が得られるようにする必要があります。

引張強度は、引張下での材料の強度の尺度です。ろう付けでは、接合部の引張強度は接合部の全体的な強度と品質に影響を与える重要な要素です。接合部の設計とろう付け温度は、接合部が意図した用途に耐えられる十分な引張強度を確保できるように慎重に選択する必要があります。

要約すると、ろう付け温度と接合部の設計は、ろう付け接合部の強度と品質に影響を与える重要な要素です。ろう付け温度は、溶加材と接合する金属部品の融点に基づいて慎重に選択する必要があります。接合部の設計では、十分な量の溶加材が接合部に流入し、十分な強度が得られるようにする必要があります。引張強度は、接合部の全体的な強度と品質に影響を与える重要な要素です。

ろう付け温度とろう材

ろう付けは、溶加材を使用して 2 つ以上の金属部品を接合する接合プロセスです。このプロセスには、溶加材の融点よりも高いがベース金属の固相線温度よりも低い温度に部品を加熱することが含まれます。この温度では、フィラー金属が溶けて、毛細管現象によって接合部に流れ込みます。

ろう付けが行われる温度は、プロセスの成功にとって重要です。温度が低すぎると、フィラーメタルが適切に流れず、強力な結合が形成されません。温度が高すぎると母材が溶けて歪みが生じたり、接合部が破損したりする可能性があります。

溶加材の液相線温度は、ろう付け温度を決定する重要な要素です。液相線温度は、溶加材が溶け始める温度です。ろう付けは通常、母材の液相線温度よりも高いが固相線温度よりも低い温度で行われます。

ろう付け温度を決定する際には、溶加材の選択も重要です。溶加材が異なれば、融点と流動特性も異なります。一部のフィラーメタルは、他のフィラーよりも高いろう付け温度を必要とします。たとえば、銀ベースのろう付け合金は通常、銅ベースの合金よりも高いろう付け温度を必要とします。

フラックスは、金属部品の表面から酸化物を除去し、ろう付けプロセス中の酸化を防ぐために、ろう付けによく使用されます。フラックスの選択は、ろう付け温度を決定する際にも重要です。フラックスが異なれば活性化温度も異なるため、より高いまたはより低いろう付け温度が必要になる場合があります。

要約すると、ろう付け温度と金属フィラーは、ろう付けプロセスの成功を決定する重要な要素です。温度は、溶加材の液相線温度よりも高く、母材金属の固相線温度よりも低い必要があります。ろう付け温度を決定する際には、溶加材とフラックスの選択も重要です。

ろう付け温度と母材

ろう付けに関しては、温度は接合を確実に成功させるための重要な要素です。温度はフィラーメタルを溶かすのに十分な高さである必要がありますが、母材金属に損傷を与えるほど高すぎてはなりません。ろう付けの正しい温度範囲は通常、1100°F ~ 2200°F です。

母材が異なれば融点も異なるため、ろう付け温度は母材によって異なります。たとえば、銅や真鍮はステンレス鋼よりも融点が低いため、より高いろう付け温度が必要です。

異種金属をろう付けする場合、熱膨張係数の違いを考慮することが重要です。熱膨張係数は、温度変化を受けたときに材料が膨張または収縮する速度です。母材の熱膨張係数の差が大きすぎると、接合不良を引き起こす可能性があります。

一方、同様の金属は熱膨張係数が似ているため、ろう付けが容易になります。同様の金属のろう付けに必要な熱も少なくなり、母材金属を損傷するリスクが軽減されます。

ステンレス鋼は、その強度と耐食性により、多くの産業で人気のある材料です。ただし、ステンレス鋼のろう付けには、他の金属よりも高い温度範囲が必要です。ステンレス鋼の推奨ろう付け温度は、通常 1900°F ~ 2200°F です。

要約すると、ろう付け温度は、強力で信頼性の高い接合を作成する上で重要な要素です。使用する母材によって温度範囲が異なりますので、異種金属をろう付けする場合には熱膨張係数を考慮することが重要です。同様の金属のろう付けには必要な熱は少なくて済みますが、ステンレス鋼のろう付けにはより高い温度範囲が必要です。

ろう付け温度と雰囲気

ろう付けは、2 つ以上の金属部品をその融点より高く、フィラー金属の融点より低い温度に加熱することを含む接合プロセスです。その後、溶加材が溶けて毛細管現象によって接合部に流れ込みます。ろう付け温度と雰囲気は、接合の品質に重要な役割を果たします。

空気

ろう付けに最も一般的に使用される雰囲気は空気です。ただし、接合部分の酸化や変色を引き起こす可能性があります。酸化を防ぐために、フラックスを使用して接合部を大気から保護します。空気中でのろう付け温度は通常、1100°F ~ 2000°F (593°C ~ 1093°C) です。

真空

真空ろう付けは、真空または減圧雰囲気中でろう付けを行うプロセスです。真空ろう付けではフラックスが不要になり、酸化のリスクが軽減されます。真空中でのろう付け温度は通常、1600°F ~ 2200°F (871°C ~ 1204°C) です。

窒素

窒素は、ろう付け時の非酸化性雰囲気を作り出すために使用される不活性ガスです。窒素雰囲気でのろう付け温度は、通常 1100°F ~ 2000°F (593°C ~ 1093°C) です。

水素

水素は、ろう付け時の非酸化性雰囲気を作り出すために使用される不活性ガスでもあります。水素は、ステンレス鋼やその他の高温合金のろう付けに特に役立ちます。水素雰囲気でのろう付け温度は、通常 1600°F ~ 2200°F (871°C ~ 1204°C) です。

アンモニア

アンモニアは、銅および銅合金のろう付けに使用される還元性雰囲気です。アンモニアは金属表面の酸化銅と反応し、銅に還元します。アンモニア雰囲気でのろう付け温度は通常、1100°F ~ 2000°F (593°C ~ 1093°C) です。

結論として、ろう付け温度と雰囲気はろう付けプロセスの成功にとって重要な要素です。雰囲気の選択は、ろう付けされる材料と接合部の望ましい特性によって異なります。

ろう付け温度とろう付け時間

ろう付けは、2 つ以上の金属アイテムを加熱し、溶加金属を接合部に溶かして流し込む金属接合プロセスです。溶加材は隣接する金属よりも融点が低く、固化して部品間に強力な結合を形成します。ろう付けの温度と時間は、接合の品質を決定する重要な要素です。

温度

ろう付け温度は、フィラー金属が溶けて接合部に流入する温度です。温度はフィラーメタルを溶かすのに十分な高さである必要がありますが、母材金属を損傷するほど高くはありません。ろう付け温度は、溶加材の種類と接合される母材によって異なります。温度の範囲は 450°C ~ 1200°C です。

時間

ろう付け時間は、接合部がろう付け温度に保持される時間です。この時間は、溶加材が接合部に流れ込んで強力な接合を形成するのに十分な長さである必要がありますが、母材金属を損傷するほど長くしてはなりません。ろう付け時間は、溶加材の種類、母材、接合部の設計によって異なります。時間は数秒から数分の範囲です。

温度と時間の関係

ろう付け温度と時間は相互に依存します。温度が高いとろう付け時間が短縮され、温度が低いとろう付け時間が長くなります。ただし、母材金属を損傷するほど高温にしたり、母材や溶加材を損傷したりする時間長すぎたりしないでください。

ろう付け温度とろう付け時間に影響を与える要因

ろう付けの温度と時間には、次のようないくつかの要因が影響します。

  • ジョイント設計
  • 溶加材の種類
  • 卑金属の組成
  • 母材の厚み
  • 隙間クリアランス
  • 加熱方法

結論

結論として、ろう付けの温度と時間は、強力で信頼性の高い接合を作成する上で重要な要素です。温度はフィラーメタルを溶かすのに十分な高さである必要がありますが、母材金属を損傷するほど高くはありません。この時間は、強力な結合を形成するのに十分な長さである必要がありますが、ベースメタルやフィラーメタルを損傷するほど長くしてはなりません。温度と時間は相互に依存しており、いくつかの要因が影響を与える可能性があります。

ろう付け温度とフラックス

ろう付けは、溶加材を使用して 2 つ以上の金属部品を結合する接合プロセスです。ろう付け温度は、フィラー金属が溶けて 2 つの部品間の接合部に流入する温度です。ろう付け温度は通常、母材の溶融温度よりも低いため、接合される部品の歪みや損傷を防ぐことができます。

フラックスは、接合される部品の表面をきれいにし、ろう付けプロセス中の酸化から保護するために使用される材料です。フラックスは、接合プロセスを妨げる可能性のある金属表面に形成された酸化物を除去するのに役立ちます。フラックスの選択は、ろう付けされる金属の種類、ろう付け温度、および使用される接合部の種類によって異なります。

ろう付けの際は、作業に適した温度を選択することが重要です。温度が低すぎると、溶加材が適切に流れず、接合が弱くなる可能性があります。温度が高すぎると地金が変形したり破損したりする恐れがあります。ろう付け温度は、ろう付けされる金属の種類と使用される溶加材の種類によって異なります。

フラックスもろう付けの際には重要な考慮事項です。フラックスの主な機能は、加熱プロセス中に接合される部品の表面とフィラー金属を酸化から保護することです。一部のフラックス材料は洗浄剤としても機能します。低温ろう付け用の典型的なフラックス材料は、温度範囲が 1050°F ~ 1800°F のホウ素とフッ素のカリウム塩です。白色フラックスは、銅、真鍮、鋼、ステンレス鋼、ニッケル合金のろう付けに役立ちます。有効温度範囲は 1050 ~ 1600°F で、透明で活性なフラックスは 1100°F で使用されます。

要約すると、ろう付け温度とフラックスはろう付けプロセスにおける 2 つの重要な要素です。適切な温度とフラックスにより、2 つ以上の金属部品間の強力で耐久性のある接合が保証されます。温度とフラックスの選択は、ろう付けされる金属の種類、使用される接合部の種類、および使用される溶加材によって異なります。適切な温度とフラックスを慎重に選択することで、高品質のろう付け接合を実現できます。

ろう付け温度と接合強度

ろう付け温度は、ろう付け接合の強度を決定する重要な要素です。ろう付けが行われる温度は接合部の微細構造に影響を与え、ひいてはその機械的特性に影響を与えます。

ろう付け接合部の引張強度はろう付け温度に正比例します。ろう付け温度が高いほど、より強力な接合が得られます。ただし、温度が高すぎると脆い金属間化合物が形成され、接合部の強度が低下する可能性があるため注意してください。

ろう付け温度での保持時間も重要です。ろう付け温度での保持時間を長くすると、より強力な接合が得られます。ただし、保持時間が長すぎてはなりません。これにより、過度の粒子成長が発生し、接合部の強度が低下する可能性があります。

ろう付け接合部のせん断強度はろう付け温度にも影響されます。研究によると、ろう付け温度が 1080 °C、保持時間が 30 秒の場合、ろう付け接合部のせん断強度は 250 MPa を超えます。

表 1 は、ろう付け接合部の引張強度に対するろう付け温度の影響を示しています。

表 1: 引張強さに対するろう付け温度の影響

ろう付け温度(℃)引張強さ(MPa)
80030
90060
100090
1100120
1200150

表 1 に示すように、ろう付け接合部の引張強度はろう付け温度の上昇とともに増加します。ただし、引張強度の増加は直線的ではなく、接合部の強度を損なうことなくろう付け温度を高くするには限界があります。

要約すると、ろう付け温度はろう付け接合の強度を決定する重要な要素です。ろう付け温度が高いほど接合は強化されますが、温度が高すぎると脆い金属間化合物が形成される可能性があるため注意してください。保持時間が長いほどより強力な接合が得られるため、ろう付け温度での保持時間も重要です。引張強度に対するろう付け温度の影響を表 1 に示します。

ろう付け温度と量産

量産の場合、ろう付け温度は最終製品の信頼性と品質を確保する上で重要な役割を果たします。ろう付けは、隣接する金属よりも低い融点を持つ金属フィラーを溶かして接合部に流し込む金属接合プロセスです。ろう付け温度は、フィラー金属が溶けて接合部に流入する温度です。

業界が異なれば、ろう付け温度に対する要件も異なります。例えば、800℃以上の高温ロウ付けは、高強度とフィット感が求められるワークに適しています。一方、550~800℃の中温ろう付けは、柔軟性や加工性が求められるワークに適しています。

大量生産では、多くの場合、塩浴や金属浴ろう付けなどの自動ろう付け方法が使用され、生産量の多いワークピースに適しています。これらの方法により、一貫したろう付け温度が提供され、最終製品の均一な品質と信頼性が保証されます。

しかし、一部の業界、特に特別な注意と精度が必要なワークピースでは、手作業によるろう付けが依然として普及しています。手動ろう付けでは、オペレーターは欠陥を防止し、最終製品の品質を確保するために、プロセス全体を通してろう付け温度が一定であることを確認する必要があります。

結論として、ろう付け温度は、特に大量生産において、最終製品の信頼性と品質を確保する上で重要な要素です。業界によってろう付け温度の要件は異なります。塩浴ろう付けや金属浴ろう付けなどの自動ろう付け方法は、生産量の多いワークピースに適しています。しかし、一部の業界では依然として手作業によるろう付けが普及しており、欠陥を防止し最終製品の品質を確保するためにオペレーターは一貫したろう付け温度を確保する必要があります。

結論

結論として、適切な温度でろう付けすることは、接合部の完全性を高めるために非常に重要です。ろう付け温度は、溶加材、母材、および意図する用途の融点に基づいて選択する必要があります。温度が高くなると母材の金属が弱くなる可能性があるため、ろう付け温度と接合部の強度との間で妥協する必要があります。

接合部のクリアランスがろう付け温度に適切であることを確認することが重要です。ろう付け温度でのギャップが約 0.002 インチ~0.003 インチ (0.051 mm~0.076 mm) になるように、より大きな初期クリアランスを許容する必要があります。外側が真鍮、内側が鋼の場合は、室温で軽い力で嵌めることができます。

ろう付けに使用される溶加材は、母材金属を濡らすことができ、液相線温度が 450°C を超え、接合される材料の融点より低い必要があります。ろう付けプロセスでは、異なる可能性のある材料間に永久的で強力な金属結合が形成されます。

ろう付け実験を通じて、ろう付けダイヤモンド工具のより良い製造のための重要な技術的および理論的サポートを提供するには、ろう付け温度と保持時間がろう付け品質に及ぼす影響を研究する必要があることがわかりました。

要約すると、適切な温度でろう付けすることは、接合の完全性を高める上で重要な要素です。ろう付け温度は、溶加材と母材の融点に基づいて選択する必要があり、ろう付け温度と接合部の強度との間で妥協する必要があります。接合部のクリアランスはろう付け温度に適切である必要があり、使用する溶加材は母材金属を濡らすことができる必要があります。

今すぐお問い合わせを送信してください

共有:

フェイスブック
ツイッター
リンクトイン
マーク

マーク

自動ろう付け機および冷凍アクセサリのスペシャリスト

関連記事

今すぐお問い合わせを送信してください