分岐銅管: 利点と用途

火炎ろう付け機

分岐銅管は、多くの配管、暖房、冷却システムの重要なコンポーネントです。これらのチューブは高品質の銅で作られており、ASTM International によって確立された厳格な業界基準を満たすように設計されています。耐久性、長寿命、耐腐食性で知られており、幅広い用途で人気があります。

分岐銅管の主な利点の 1 つは、高圧および高温に対応できることです。そのため、HVAC システムや冷凍装置など、温度と圧力の正確な制御が必要なシステムでの使用に最適です。さらに、銅は優れた熱伝導体であるため、より効率的な熱伝達が可能になり、時間の経過とともにエネルギーコストの削減に役立ちます。

多くの利点があるにもかかわらず、最適なパフォーマンスと寿命を確保するには、分岐銅管を適切に設置し、メンテナンスする必要があることに注意することが重要です。これには、適切なフィッティング、フラックス、はんだ付け技術の使用に加え、潜在的な問題を特定して対処するための定期的な検査とメンテナンスが含まれる場合があります。ただし、これらのベスト プラクティスに従うことで、ユーザーは今後何年にもわたって分岐銅管の多くの利点を享受できます。

分岐銅管とは何ですか?

拡張銅管は拡張管としても知られ、一端が拡張または広がるように設計された銅管の一種です。この拡張により、他のパイプや継手に簡単に接続できるようになります。分岐銅管は、配管、HVAC、冷凍システムで一般的に使用されます。

分岐銅管の拡張は、エキスパンダーと呼ばれる特殊なツールを使用して行われます。エキスパンダーはチューブの直径を広げ、フレア端を作成するために使用されます。このフレア端は、圧縮継手またはろう付けを使用して他のパイプまたは継手に接続できます。

分岐銅管にはさまざまなサイズと厚さがあり、さまざまな用途に適しています。これらは通常、優れた耐食性と耐久性を備えた高品質の銅で作られています。さらに、チューブのフレア端は、他のタイプの接続よりも故障しにくい、確実で漏れのない接続を提供します。

全体として、分岐銅管は、さまざまなシステムのパイプや継手を接続するための信頼性が高く多用途のオプションです。使いやすさと安全な接続により、配管工、HVAC 技術者、冷凍の専門家の間で人気があります。

分岐銅管の利点

熱伝達効率の向上

分岐銅管は、熱伝達効率を向上させる独自の設計を採用しています。チューブは入口で幅が広く、出口に向かって徐々に狭くなり、末広がりの形状を作り出します。この形状により、チューブを通る流体の流れがより均一かつ効率的になり、熱伝達性能が向上します。

International Journal of Heat and Mass Transfer に掲載された研究によると、分岐銅管は直管に比べて熱伝達効率を最大 30% 向上させることができます。そのため、HVAC システムや熱交換器など、高い熱伝達率が必要な用途に最適です。

圧力損失の低減

分岐銅管は、直線管と比較して圧力損失を大幅に低減します。入口から出口に向かってチューブの直径が徐々に大きくなることで、流れの抵抗が減少し、圧力損失が低くなります。

この圧力損失の減少により、チューブ内で流体を移動させるために必要なエネルギーが少なくなるため、ポンプシステムの大幅なエネルギー節約につながります。さらに、ポンプやその他のシステムコンポーネントの磨耗を軽減することもできるため、機器の寿命が長くなり、メンテナンスコストが削減されます。

耐久性の向上

銅は耐久性と耐腐食性で知られており、幅広い用途での使用に理想的な素材です。分岐銅管も例外ではなく、その独自の設計により耐久性がさらに向上します。

入口から出口に向かってチューブの直径が徐々に大きくなることで、チューブの壁にかかる応力が軽減され、疲労が軽減され、チューブの寿命が長くなります。これは、チューブが大きな応力や歪みにさらされる高圧用途で特に有益です。

全体として、発散銅管の利点により、高い熱伝達率、低い圧力損失、耐久性が必要とされる幅広い用途に最適です。

分岐銅管の用途

銅管は、配管、HVAC、冷凍、医療ガス供給、圧縮空気システム、極低温システムなどのさまざまな用途で広く使用されています。分岐銅管は、空調システム、冷凍システム、熱交換器で使用するために特別に設計された銅管の一種です。

空調システム

発散銅管は、その優れた熱伝達特性により、空調システムでよく使用されます。住宅用と業務用の両方の空調システムに使用されています。住宅用空調システムでは、室外機と室内機を接続するために分岐銅管が使用されます。業務用空調システムでは、蒸発器コイルと凝縮器コイルに分岐銅管が使用されています。

冷凍システム

分岐銅管は冷凍システムにも使用されます。これらは冷凍システムの蒸発器および凝縮器コイルに使用されます。発散銅管は、優れた熱伝達特性により、アルミニウムなどの他の材料よりも好まれます。また、耐久性と耐腐食性にも優れているため、冷凍システムでの使用に最適です。

熱交換器

分岐銅管は、優れた熱伝導率を備えているため、熱交換器によく使用されます。産業用と家庭用の両方の熱交換器で使用されます。工業用熱交換器では、凝縮器コイルと蒸発器コイルに分岐銅管が使用されています。家庭用熱交換器では、給湯器やエアコンのコイルに分岐銅管が使用されています。

分岐銅管の製造工程

分岐銅管は、冷凍や空調から配管や暖房まで、さまざまな用途に使用されています。分岐銅管の製造プロセスにはいくつかのステップが含まれており、各ステップは最終製品の品質と性能を確保するために非常に重要です。

製造プロセスの最初のステップは銅を溶かすことです。これは通常、華氏 2,400 度を超える温度の炉で行われます。銅が溶けたら、金型に流し込まれ、ビレットとして知られる円筒形の棒に成形されます。

次に、ビレットを加熱し、ダイを通して押し出し、チューブに成形します。このプロセスは数回繰り返され、ダイを通過するたびにチューブの直径が減少し、長さが増加します。その後、チューブは焼きなましされて、強度と延性が向上します。

アニーリング後、チューブは一連のダイスを通して引き抜かれ、直径がさらに小さくなり、表面仕上げが向上します。このプロセスは冷間引抜きとして知られており、分岐銅管に必要な正確な寸法と公差を達成するために不可欠です。

チューブが冷間引き抜きされると、必要な長さに切断され、表面の汚染物質を除去するために洗浄されます。その後、曲げ、フレア加工、ろう付けなどのさらなる加工を行う準備が整います。

分岐銅管の製造プロセスでは、最終製品が要求仕様を確実に満たすために、品質管理基準を厳格に順守する必要があります。これには、チューブの寸法精度、表面仕上げ、引張強度や伸びなどの機械的特性のテストが含まれます。

結論

分岐銅管は、その耐久性、耐食性、設置の容易さにより、配管、加熱、冷却、その他のシステムによく選ばれています。このタイプの銅管は、ASTM インターナショナルによって確立された仕様の要件を満たすように製造されており、純度 99.9% 以上の銅です。

アルミニウムなどの他の材料と比較すると、導電性、強度、耐久性に優れている銅管コイルが好まれます。しかし、銅の価格がここ数年で大幅に上昇したため、その材料を使用せずにコイルの生産を開始するメーカーが増えています。

銅パイプとチューブのどちらを選択するかについては、用途を考慮することが重要です。銅パイプは古くから存在しますが、手頃な価格と設置の容易さのため、ますます人気が高まっています。一方、銅管は高圧および高温に耐えることができる長期使用可能なオプションです。

全体として、分岐銅管は、配管、加熱、冷却などのさまざまな用途に信頼できる選択肢です。その耐久性と耐腐食性により、業界のプロフェッショナルに人気があります。

今すぐお問い合わせを送信してください

共有:

フェイスブック
ツイッター
リンクトイン
Markの写真

マーク

自動ろう付け機および冷凍アクセサリのスペシャリスト

関連記事

今すぐお問い合わせを送信してください